2015TOP-Pageビルボード(改).jpg

| HOME |

更新日 2017-06-17

2017年07月15日.jpg

7月の定期無料法律市民相談
第257
平成29年7月15日(土)
午後1時〜午後5時

法律問題や暮らしのことで心配事がありましたらお気軽にどうぞ!

※事前申し込み制です。電話、メール、Faxで早めに申し込みください。関係する書類も出来るだけご持参ください。

講演会2.jpg
(終了致しました)

講師:ジェトロ・アジア経済研究所 新領域研究センター技術革新・成長研究グループ 副主任研究員 木村公一朗氏

主催 千葉市日中友好協会
後援 千葉市、千葉県日中友好協会、千葉商工会議所、千葉市国際交流協会

日 時:2017年4月26日(水)18時30分~20時30分 ※開場:18時
場 所:千葉商工会議所第1ホール  千葉市中央区中央2-5-1千葉中央ツインビル2号館 
                   ※14階(奥のエレベーターをご利用ください。)
参加費:2,000円

講師プロフィール:1999年、早稲田大学政治経済学部卒業。2001年、早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了。2001年からジェトロ・アジア経済研究所。2005~07年、中国社会科学院工業経済研究所で客員研究員。2012年、早稲田大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。博士(経済学)。2014~15年、米国ブランダイス大学経済学部で客員研究員。2015~16年、香港大学経済・経営学部で客員研究員。専門は国際経済学、中国経済論。主著に、The Growth of Chinese Electronics Firms: Globalization and Organizations(Palgrave Macmillan, 2014)、「中国経済の変化とグローバル経済への影響:ASEANのケース」『東亜』No. 589(2016年7月号)など。

問い合わせ先:千葉県日中友好協会事務局 電話 043-301-8138

2017-04-表紙.jpg
2017.04 美浜リポート(全4ページ)

市民福祉の充実
活力ある千葉市の未来を

平成29年度第1回
定例千葉市議会報告
今議会の概要

LinkIcon美浜リポートを読む

2017-01美浜リポート表紙.jpg
2017.01 美浜リポート(全4ページ)

超高齢社会の対策は、
新しい地域づくりです!

平成28年度第4回
定例千葉市議会報告

LinkIcon美浜リポートを読む

高洲三丁目自治会の餅つき

DSC_1563.jpg

 12月18日に毎年恒例の高洲三丁目自治会の餅つきがありました。
 せいろで蒸したもち米を杵とウスで付いたお餅が自治会員方に振る舞われ、集まった方々に特製の豚汁も振る舞われました。子供達も参加し、冬晴れの空の下、終始和やかな雰囲気の中で行われました。

DSC_1554.jpg

 自治会副会長の布施議員もお釜に薪をくべたり、杵を振って餅つきをしたり忙しそうでした。餅つきでは子供達やお年寄りからも声援が飛んでいました。
 日頃から地元の行事に熱心に参加されている布施議員、来年も地元のため頑張ってくださいね。

栃木県の那須高原へ

布施貴良後援会バス旅行
平成28年11月26日・27日

DSC_1292.JPG
 15年以上も続いているという恒例の布施貴良後援会バス旅行が行われ、初めて同行させていただきました。
今回は栃木県の那須高原へ。
DSC_1512.JPGレポート:高畑 良太

DSC_1344.JPG 栃木県那須南ヶ丘牧場でおいしいとろろ御膳の昼食と牧場の散策をした後、茶臼岳(那須岳)へロープウェイで山頂を散策、残念な事に山頂は濃霧で視界が悪く風景は見えませんでしたが、極寒の冬山の厳しい気候を体感することが出来ました。
 宿泊先の『グランドホテル愛寿(あいじゅ)』での夕食の大宴会では、美味しいお食事と恒例のカラオケ大会が行われ大変盛況でした。二次会や食後の語らいも楽しい思い出になります。露天風呂も最高でした。
DSC_1474.JPG 翌日は那須御用邸のある那須平成の森にての山道散策、水車の里で昼食を頂き途中お土産屋さんを巡りながら帰路につきました。

2016-11mihama-表紙.jpg
2016.11 美浜リポート(全4ページ)

誰もが個人として尊重され
自分らしく生きられる社会へ
第2回千葉LGBTシンポジウム

平成28年度第4回
定例千葉市議会報告
今会議の概要

LinkIcon美浜リポートを読む

ミニコンサートと市民福祉講演会

DSC_1022.JPG
 平成28年10月10日(月)高洲コミュニティーセンター3階ホールにて『ミニコンサートと市民福祉講演会』が催され、およそ80名以上の方がお越しくださいました。
DSC_1014.JPG

DSC_1041.JPGミニコンサートでは、楽器を使ず手だけで奏でる世界唯一の『ハンドフルート』奏者、森光弘氏とピアノ奏者臼井慶介氏のコンビ『CHILDHOOD(チャイルドフッド)』による素晴らしい演奏が行われました。

DSC_1026.JPG『川の流れのように』『ふるさと』など、澄み渡った音色で奏でられる美しい曲やスピードと技巧を凝らした『ツィゴイネルワイゼン』の演奏に驚嘆の声と歓声が上がりました。

DSC_1031_edited-1.jpg

DSC_1044.JPG

DSC_1051_edited-1.jpg

 後半は布施貴良市議の紹介の後、一般福祉法人シルバーサービス振興会常務理事中井孝之氏による講演会がおこなわれ、千葉市では2030年頃にピークを迎えるという超高齢化社会に向けての現在の状況についてや今後の動向と展望についてのご説明行政の社会福祉のみに依存しないNPO法人や共助・互助を中心とした医療や介護など地域支援の拡充と地域の在り方についての取り組み、病気にならず、いつまでも健康に過ごす事で公共の福祉に頼らない生活を末永く続けるための「自助」への具体的な取り組み方などについて御教示頂きました。

 会の最後では、美浜区の地域福祉の活動に取り組んでいる「NPO法人福祉の街美浜を作る会」副理事長の神馬嘉津子さんによる活動事業「日常生活支援」「一声活動」「いっぷく」「寄ってコ!」のご案内と活動の近況についてのご報告いただき、盛況のうちに閉会となりました。

ミニコンサートと市民福祉講演会のお知らせ

(終了致しました)

 「この街でいつまでも安心して楽しく暮らしたい」「困った時はお互い様」そんな思いをみんなで実現するため、私たちNPO法人「福祉の街美浜をつくる会」は、高齢者の憩いの場「いっぷく」お一人様でも元気が出る交流の場所「寄ってコ!」、お元気ですかの「一声電話」、家具の移動や通院介助など「日常生活支援」等の活動を行っています。 恒例のミニコンサートと講演会に、皆さんお気軽にご参加下さい。お待ちしています。

日時:平成28年10月10日(月・祝)14:00〜16:00
場所:高洲コミュニティーセンター3階ホール
      千葉市美浜区高洲3-12-1 043-277-3000
内容:ミニコンサート
      ハンドフルートとピアノのデュオ チャイルドフッド
      指笛とピアノの素晴らしい共演です。

市民福祉講演会
   講演「住み慣れた所でいつまでも安心して暮らせる街に」
    医療と介護と地域の支え合いが協力・連携する街づくりを目指して
   講師 一般社団法人シルバーサービス振興会常務理事 中井 孝之氏

NPO法人「福祉の街美浜をつくる会」の活動紹介
       副理事長 神馬 嘉津子

ピアノーS.jpg

2016-09レポート表紙.jpg
2016.09 美浜リポート(全4ページ)

千葉市の財政が着実に改善進む
「将来負担比率」が政令都市最下位脱出
   (27年度決算)

千葉市の地域包括ケアシステムへの対応について

LinkIcon美浜リポートを読む

8月6〜7日 第43回 高洲ふれあい祭り

広報.jpg 例年より梅雨明けの遅かった今年の夏。曇りや雨のはっきりしない天候が続きましたが、それが過ぎると一気に真夏の太陽が輝く暑い日が。そんな8月の6日7日の週末、千葉市美浜区の高洲三丁目自治会高洲ふれあい祭り実行委員会主催の「夏祭り」が美浜区の高洲公園にて盛大に行われました。

 このお祭りも今年で43回目を迎え、近隣の住民の方々ばかりでなく、この地域を巣立っていった多くの若者たちが、新しい家族や仲間を連れて両親や旧友に会うために還ってくる大切な正に「ふれあい」の場になりつつあります。会場のあちこちで懐かしい仲間との語らいにふける姿や、お互いに子供や家族の紹介をする姿は微笑ましく長く続く地域のお祭りの力を感じさせる風景でした。

 自治会副会長でもある布施市議もこの時ばかりは正に東奔西走の大活躍です。近年自治会役委員も高齢化の波は避けられず、おのずと布施さんの祭りの中でのお仕事も増えるばかりです。

山車誘導.jpg受付.jpg盆踊り.jpg

 日曜日(7日)昼間に行われた子供山車・神輿の行事は今では布施さん抜きには想像できないくらいです。子供達にとってもこの行事がお祭りの中では自分達のメインイベント、「このような体験をさせてくれる地域に来てよかったです。」という若いお母さんの声も聞かれました。
 布施さんは移動スピーカーでの召集から、安全確保のための誘導と暑い中本当にお疲れ様でした。帰りに嬉しそうにお菓子をもらって帰る子供達の笑顔が何よりも労ってくれる瞬間です。

 夜は夜で本部受付で接待や寄付金の受付など忙しい時間が続きます。盆踊りの踊りの輪が太鼓の演奏者と交錯しないように櫓の下に立ちます。少しお酒も入って手拍子をしながら太鼓のリズムに合わせて体を動かしている布施さんも楽しそうです。

 地域住民と同じ目線に立って市議のお仕事に向かわれる布施さんのお人柄がとてもよくわかるお祭りの2日間でした。

講演と市政報告会「子どもたち・若者の教育費負担軽減めざして」に
ご参加いただきありがとうございました。

DSC_2757-S.jpg

 平成28年5月22日日曜日、美浜区稲毛海岸駅前のヴェルシオーネ若潮において、布施貴良事務所、布施まさよし後援会主催の講演と市政報告会「子どもたち・若者の教育費負担軽減めざして」が開催されました。
 五月晴れの絶好の行楽日和のなか、84名もの方にお越しいただきました。

DSC_2713-S.jpg 午後2時。主催の布施まさよし後援会会長代行長沼勝よりお集まりいただいた皆様への感謝のご挨拶に続き、衆議院議員たじま要様から「子ども、子育て、雇用、教育について、今まで国政で議論されて来なかった。変わるのが遅い」と、千葉県労働者福祉協議会会長 黒河悟様からは「実は若い人の奨学金だけではなく、人口問題、それも規模ではなく中身であること。これからの日本を作り直していく」との熱いメッセージをいただきました。

 実はこの日の朝、NHKの朝の討論番組でもこの奨学金問題が取り上げられており、出席者も登壇者にとっても正にタイムリーな勉強会となったようです。

DSC_2719-S.jpg

DSC_2729-S.jpg

DSC_2824-S.jpg

DSC_2743-S.jpg

DSC_2769-S.jpg

 午後2時30分。スクリーンが降りてきて「若者を苦しめる奨学金問題の解決を」と題し、奨学金問題に詳しい、奨学金問題対策全国会議事務局長の弁護士、岩重佳治先生の講演が始まりました。

 講演では、止む無く自己破産したとか、保証人に迷惑をかけたくないと現代の若者に多い責任感の強さからくる苦悩や、結婚相手も奨学金を受けていたら負担が一挙に2倍になってしまうなど奨学金の負担に苦しむ人たちの声が紹介されました。また、大学生活の中でも、アルバイトを続けざるを得ない実情や奨学金がそもそも「金融事業化」して回収強化に走っている実情や、アメリカでは奨学金を返せないと軍隊へ勧誘されることが多く、それと同じことが自衛隊でも起こっていることなど返還にも多くの問題があることが指摘されました。

 最後に岩重先生は、東日本大震災の後、日本は「皆んなで頑張って!」という「絆」の精神が起きたが、私たちは皆、世の中に助けられて生きて来た。これからは「助けて」と言える人になろう。「耐える力」を「変える力に」持って行こうと締めくくりました。
 布施市議は、千葉市の子育て支援対策に触れ、子育てコンシェルジェという職員を増やしたこと、幼稚園と保育園の中間に位置する「認定こども園」の増設、増員、さらに日本の教育費がGDP比3.5%と最下位であることなどを報告し、「願う・平和」だった日本を、「創る・平和」へと移行しなければならないと述べました。

 会の締めくくりは、4人の学生代表による「若者の切実な声」。大学に入って学ぶのではなく、まず働くこと、社会人になった途端に多額の借金を抱え込むことになる実情、そして学費が年100万円にも及ぶことなど、生の声が聞かれました。

DSC_2790-S.jpgDSC_2795-S.jpgDSC_2800-S.jpgDSC_2812-S.jpg

熊本大地震救援募金について(ご報告)

20160429_175803.jpg
 熊本地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 布施事務所では、4月14日の前震、16日未明の本震の2回にわたる震度7、震度6以上の余震を含めると10回にも及ぶという今回の熊本地方大地震に際して、4月18日(月)、24日(日)の両日にJR稲毛海岸駅前・マリンピア前で、ボランテイアの仲間とともに募金活動を行いました。24日には、たじま要衆議院議員、田畑直子市議会議員も参加しました。募金額は、2日間で合計111,337円のご協力を頂きました。ご協力頂きました皆様には、心より感謝申し上げます。

 募金は、全額民進党千葉県第1区総支部(総支部長たじま要衆議院議員)に届け、民新党本部に送金されましたので、ご報告いたします。引き続き、布施貴良事務所で募金を継続して参ります。また、今後現地の状況を踏まえボランテイアについても検討したいと思います。

 高洲3丁目にお住まいの方で、ご実家が震源の熊本県益城町にあり、被災されたということをお聞きしました。また熊本市は、千葉市と同じ政令指定都市であり、5年前の3.11東日本大震災記憶がまだ生々しく残る中でしたので、本当に他人ごとに思えませんでした。

20160429_175822.jpg熊本大地震救援募金送金額.pdf

子どもたち・若者の教育費負担の軽減を!

講演会・市政報告会のご案内

                          (終了致しました)

 国立大学の入学時の費用は、入学金と年間授業料で81万円を超えます。私立大学の入学時費用は、130万円以上です。大学に一人進学させ、下宿させると今の日本では、年間200万円~250万円かかることになります。大学生を持つ家庭や若者本人も負担が大きいことから、奨学金を受ける学生は2人に1人です。このような厳しい学生生活は、大きな社会問題となっている学生の「ブラックバイト」の温床となっています。頑張って卒業しても、不安定雇用や低賃金で、返済できない人も増加しています。諸外国では、大学の授業料の無料化や返済の無い「給付付の奨学金制度」を充実させています。

 教育費にお金がかかることは、小・中学校や高校、短大・専門学校も同じです。日本は、40歳以下の子育世代に対する教育費や子育て支援の公費負担が、OECD諸国中で少ない方の国になっています。子育て支援と教育の充実こそ、今最も重要な政治の課題だと思います。

 子育て支援と子どもたち・若者の教育費負担の軽減を目指して、講演会を計画いたしました。参加費は無料です。皆様のご参加をよろしくお願いいたします。特に、高校生、大学生、若い人方、ぜひ参加してください。

「子どもたち・若者の教育費負担の軽減をめざして」

合格.jpg日 時  5月22日(日)午後2時~4時30分
場 所  ヴェルシオーネ若潮 2階 稲毛海岸駅南口出口から徒歩約3分
内 容  ①講演 「若者を苦しめる奨学金問題の解決を」
        講師 奨学金問題対策全国会議 事務局長 弁護士 岩重佳治 先生
     ②報告「千葉市の子育て支援対策と小・中学校保護者負担の現状と課題」
        千葉市議会議員 布施貴良
     ③若者の切実な声 (学生代表予定)
参加費  無料

LinkIconPDF書類をダウンロード

主 催   千葉市議会議員布施貴良事務所  布施まさよし後援会
      千葉市美浜区高洲3-4-12-101 
      ℡ 043-277-1212 fax 043-278-9966

2016-04レポート表紙.jpg
2016.04 美浜リポート(全4ページ)

憲法26条
「教育を受ける権利」を全ての子ども、若者に

教育費の保護者負担、
若者負担の軽減が急務

第1回定例会の主な議案とその内容

LinkIcon美浜リポートを読む

布施貴良後援会「早春の集い」にご参加いただきありがとうございました。

DSC_0109-S.jpg

平成28年3月13日日曜日、美浜区稲毛海岸駅前のヴェルシオーネ若潮において、布施貴良後援会「早春の集い」が開催されました。
寒の戻りとでもいうのでしょうか。「早春」というには少し寒すぎるような気温の中、大勢の方々にお越しいただきました。

午後2時より、千葉神楽太鼓の皆様による勇壮な演奏から始まり、司会、開会のあいさつに続きまして、本田邦子先生のサキソフォンの演奏会が行われました。
早春の歌や、「花は咲く」「見上げてごらん夜の星を」など馴染み深い曲目を披露して頂きました。

DSC_0142.JPG

千花夏風様のエイサー

DSC_0293.JPG

千葉神楽太鼓の皆さん

DSC_9981.JPG

本田邦子先生のサキソフォン演奏

DSC_0020.JPG衆議院議員たじま要様来賓として、衆議院議員たじま要様のご挨拶。千葉市音楽協会会長の秋山衛先生はオペラでの素晴らしい歌声を披露して頂き、続いて布施貴良より、今年一年を振り返っての報告とこれからの取り組みをお話をさせて頂きました。
乾杯の後、懇親宴会が行われ、ご多忙の中駆けつけて頂きました千葉市長の熊谷俊人様、参議院議員小西洋平様のご挨拶。最後に布施貴良とは縁の深い、エネルギー懇話会事務長の宮川伸様よりご挨拶を頂きました。
懇親の席ではたじま様をはじめ議員の方々が各席に回り、お越しいただいた方々直接お話をしていらっしゃいました。

DSC_0101.JPG
開場にお越しいただきました方々の演芸ご披露会に続き、千花夏風(せんかなつかじ)様のエイサー(沖縄太鼓舞踊)の披露、最後は千葉神楽太鼓様の獅子舞で閉幕となりました。

お忙しい中、ご参加いただきありがとうございました。

DSC_0065.JPGDSC_0232.JPGDSC_0254.JPG